ラヨン好きoyaji 株のデイトレにチャレンジ

アクセスカウンタ

zoom RSS そろそろNISAで株の仕込み時か?

<<   作成日時 : 2016/01/31 14:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回の日銀金融緩和は全くの想定外。

市場では緩和すべきなんて言ってたが、自分としては、緩和しない、これ以上緩和するのはまだ早いと考えていた。
株価が落ちていたが、大体おの原因は外部要因。
中国経済の減速とか、それによる原油安、産油国が原油収入をカバーするために投資資産を換金売りするとか。
日本がジタバタしてもどうにもならない、それにドル円は下がったが、困るほどではない。
若干の円高、大幅な原油安は日本にとってそんなに悪いものではない。
だから、しばらくは我慢して緩和のネタは持っておくべき・・・・と。

でもまあ、株価などが戻り始めた時に緩和バズーカを打てば効果は絶大だが、
落ち込みを止めるためのバズーカ;逆噴射という手もあるかもしれない。


で、やったのが、マイナス金利導入。
日刊ゲンダイなどは、庶民が地獄などと書いているが馬鹿げている。
大体、景気なんてワイノワイノと盛り上がれば、更に気分が高揚するのだが、こんなマスコミが一生懸命、冷や水を浴びせ、足を引っ張るようでは、盛り下がってしまう。

内容は、銀行が日銀に預けるお金のうち、必要な基礎の部分は従来通り0.1%
その上は0%、更に大きな金額については−0.1%の金利らしい。

既にマイナス金利を導入している欧州各国でも同じような方法らしく。
庶民の少額の預金には適用しない。
日刊ゲンダイの勉強不足をさらけ出しているようなもの。

だけど驚愕の内部留保を抱えた企業はどうなるのだろう。


とにかく目的は、預金なんかで寝ている間に金が増えていくと思うな。
自分の資産を守って増やしたいなら、何かに投資するとか、積極的に先行して使うとか、金を活用しろ、というもの。但しそれは自己責任で。

日本なんか、長い間甘やかされて、資産は国が誰かが守ってくれるもの、国に守らせればいいんだという意識が強い。
それが国防についても同じで、周りの国はみんないい国、資産・生命を脅かすバズはない、万一そうなら国が守ってくれる、自分は何もしなくていい。
こんな考えを植え付けられてきた。
これは世界的に見て相当におかしい。
実現できれば、これほどいいことはないのだが、難しい話だ。


まあ、それはおいといて
今回の緩和での影響は。
前にもやったと同じ効果が現れるのか?

金曜日の株と為替の反応は、発表と同時に急激な株高、円安。
次に急激な株安、円高
そして再度、株高、円安

マイナス金利が株と為替にどう影響するか迷ったようだ。

ただ最終的な、株価の業種別ランキングでは、
上昇したもの、不動産、鉱業、建設業、証券、金融
下がったもの、銀行
上げが少なかったもの、電気機器、医薬、保険、空輸

マイナス金利で困るのは銀行、
金が市中に流れて、金回りが良くなるもの、不動産、証券会社、建設業界と見たことになる。

これが次週も継続するのかどうか、土日に考えて考えが変わったか。

ま、とにかく、原油の下げも一服したようだし、ECB、日銀の緩和が市場に安心感を与えたらしいから、
まずは月曜の値動きを見てから、買うかどうか決めよう。
上昇継続か、出遅れが盛り返すか。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

おすすめ

そろそろNISAで株の仕込み時か? ラヨン好きoyaji 株のデイトレにチャレンジ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる